現実が変わる仕組み

現実は変わらない。まず変わるのは「それを見てる自分」見方が変わる。すると、今まで大問題だったことが、、大問題じゃなくなる。現実は変わってないのに、「現実の見方」が変わったからだ。見方が変わっただけで、現実が変わったような錯覚に陥る。今まですげー、気にしてたのに。気にならなくなった。気にならなくなったので、ほっといたら。〜本当にいつのまにか消えた〜完あれ?現実変わってた。いつのまにか消えてた。現実を変えるためには、まず、それを問題視してしまう。見方から変えてみたらいいわけだ。見方を変える方法はカンタンで。新しい「見方を知る」ってことだよね。「なんとなくそんな気がする」って思えたら勝ちだ。おれ昔「太ってる自分を責めてたとき」年上の続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

情報元リンク: ナリ心理学
現実が変わる仕組み

関連記事

  1. 競争しない生き方があってもいい

  2. 本音をしゃべるとうまくいくよ。

  3. ビビりながらやるしかない。

  4. 結論「人間関係で最強に大切な3つ」

  5. ”【重要】『依存』と『受容』”

  6. 普通じゃない人の特徴

  7. ほんとうの自分。

  8. 頑張っているけど結果がでないのは「伸びている証拠」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。