心理テスト

NASA「29歳おめでとうハッブル! 記念に「巨大砂時計」を撮影したよ〜!」

Credit: NASA, ESA, and STScI
Point
■ハッブル宇宙望遠鏡の活動が29年目に入ったことを祝って、NASAが「南のかに星雲 」の映像を発表した
■星雲の中心には、赤色巨星と白色矮星が連星を成し、赤色巨星が放出する物質を白色矮星が吸収している
■星雲の正体は、ハッブル宇宙望遠鏡によって次第に解明されてきたが、2020年にはジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が役目を引き継ぐ予定

ハッブル宇宙望遠鏡の活動が29年目に入ったことを祝って、NASAが「南のかに星雲 (Southern Crab Nebula, Hen2-104) 」の映像を発表した。南の「かに星雲」は、地球から約7,000光年離れたケンタウルス座の星雲だ。

何と言っても特徴的なのは、その砂時計のような形。北天にあるかに星雲に似ていることからその名がつけられた。たしかにカニの足っぽい…?

星たちが舞う「重力のワルツ」

星雲の中心には、赤色巨星と白色矮星が連星を成している。映像からは、赤色巨星が絶え間なく放出する物質を、白色矮星が吸い込みながらくるくると回転する様子が見てとれる。まるで、星たちが舞う「重力のワルツ」だ。

ワルツっぽいイメージ画像 / Credit: depositphotos

中心から外へ向けては、大量のガスが宇宙空間へ向かって勢いよく噴き出している。白色矮星が吸収しきれなかった物質が溢れ出ることで、砂時計状の構造を作るのだ。

砂時計の縁には水素・硫黄・窒素・酸素でできたガスや塵の泡が集まり、ひときわ明るく輝いている。

欧州宇宙機関 (ESA) によると、赤色巨星が、それ自体を取り巻く層の噴出を止め、白色矮星に「食事」を与えなくなる時が、いずれ訪れるのだそうだ。

それまでは数え切れないほどの噴出を繰り返し、さらに複雑な構造を形成するのだろう。今はカニや砂時計のように見えるが、今後は全然違う見た目に変化する可能性だってある。

ハッブル宇宙望遠鏡が暴く「砂時計」の謎

南のかに星雲の初観測は、1967年に遡る。当時、天文学者たちはそれをごく普通の星だと考えていた。

ところが、1989年にさらに詳しい映像が撮影されると、それまで考えられてきたよりもずっと複雑かつ特徴的な砂時計の形をしていることが判明した。

それから10年近くが経った1998年、ハッブル宇宙望遠鏡が、この星雲が持つ複雑な構造の全貌を映し出した。内部のフィラメント状の構造から、砂時計の形をもたらす原因となった現象が、これまでに2回起きたことが示されたのだ。

1998年に撮影された南のかに星雲

さらに10年の歳月を経て、再びハッブル宇宙望遠鏡が捕えたのが今回の映像だ。最新映像からは、南のかに星雲がどのようにして進化を続けているかを知ることができる。これはもちろん、肉眼ではとても目にすることのできず、ハッブル宇宙望遠鏡があるからこそ見られるものだ。

後任者へのバトンタッチは2020年を予定

NASAとESAの共同開発によって完成したハッブル宇宙望遠鏡が、スペースシャトル ディスカバリー号によって打ち上げられたのは、1990年4月24日のことだった。

以後28年の間に、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した天体の数は43,500個以上。観測件数としては、150万件を上回る。地球の周囲を16万3,500回以上回転したのだから、地球から冥王星までの距離を超える長旅を続けてきたことになる。

ハッブル宇宙望遠鏡 / Credit: NASA

ハッブル宇宙望遠鏡の状態は現在も良好で、2020年いっぱいは任務を続行する予定とのこと。その後任は、2020年5月に打ち上げ予定のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が引き継ぐ見込みだ。

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、宇宙誕生の秘密を解明する「タイムマシーン」と呼ばれている。135億年以上前の初期宇宙で起きた最初の銀河の誕生を調べ、太陽系内外の惑星や衛星を生んだ源を観測することができるからだ。打ち上げが成功すれば、ビッグバン以降の2億年間の宇宙を観測できる規模とパワーの両方において世界No.1の宇宙望遠鏡となる。

 

29歳の誕生日を迎えるにあたり、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた大きな大きな砂時計…。さらさらと落ちる砂がその旅路の長さを象徴しているようだ。

reference: dailymail / translated & text by まりえってぃ

情報元リンク: ナゾロジー
NASA「29歳おめでとうハッブル! 記念に「巨大砂時計」を撮影したよ〜!」

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close